アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
beagle*
ブログ紹介
我が家のビーグルは免疫介在性溶血性貧血という病気です。
毎月の検査と3日おきのお薬はかかせませんが頑張っています♪
help RSS

久しぶりにママさんバレー♪

2010/06/10 23:13
激ツカレ・・・っす。。

マジで、疲れまひた。。キーボードを打つ指も疲れておりまふ。

でも、

超楽しいぃぃ〜〜〜〜〜♪

やっぱ、熱いよねーー。。
主婦が家事育児の合間にスポーツするってのは
本当に熱い!!
好きじゃなきゃできんわい。。

夜からの練習なんで子どもたちに夕飯を食べさせて・・
5歳の娘は半べそ状態のなか・・姉たちにまかせ
半ば強引に子育て放棄して夜な夜な夜の体育館へ1人で向かうという
主婦。。。
快感だしっ(爆)


あたしもバレーはへたなわりに好きなんだけど、体力がなくって・・
なかなか練習にも参加できず・・・。。。
練習に行くまでの段取りをとるのが と〜〜っても面倒と言うか
なんていうか。。

でもって、汗かいてドップリ疲れて帰宅した後の
犬の散歩。

これがまた気持ちいいのよぉ〜。
なんちゅうか・・極限状態の体力なのに・・・
体にムチ打って・・ダッシュするわけさっ。
ダッシュね^^

いい汗かいちゃったなぁ〜〜〜♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こんなんだったんよ・・

2010/06/06 23:42
画像

最初の頃の血液検査のやつ。。
測定不能な項目もあったりして・・本当に危険な状態でした。。

2ヵ月後にはだいぶ良くなってきて
画像

こんな感じ。。

先月は検査しなくてもだいぶ良さそうということでお薬だけもらってきました。
6月の通院では血液検査もするので、数値が安定してくれていることを
願います。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宮西希さんの箏

2010/06/05 00:06
いつもCDで聞いている唯一の音楽といえば
宮西希さんの箏
画像

表紙に映っている子はトコちゃんという宮西希さんの愛犬ですって^^
超かわいぃぃぃ〜〜〜〜♪
うちのワンの次だけどぉーーーー^^

今日は何気なくつけていたテレビ番組で宮西希さんの曲が流れたんだぁ〜♪
1人でキャーキャー騒いじゃった。。。
hometownだったと思うんだけど・・・。。

バラエティーだったけど旬の食材で作った料理を当てるゲームの中で
うまい具合にワンフレーズの宮西さんの箏♪

なんか自分の好きな曲がCD以外から聞こえてくるのって初体験かも^^
なんせ音楽なんて雑音としか思わないもんだから
歌手のファンになったことなんかないアタシなんで〜♪

宮西希さんの音は
どの曲も心が伝わってくるような箏で。。
初めて聴いたときは本当泣きそうだった。。

ちょうど私がワンの病気で落ち込んでいるときにこのCDを買って・・
どの曲もそれぞれに色々な形で自分を励ましてくれているかのように
聴こえました。。そっと応援しているから頑張ってって言われている気がした。。

7月27日ライブのチケット予約しちゃいました^^
たぶん私が1番に予約した自信ある。
昔渋谷のピンクドラゴンの隣で働いていたんだけど・・
渋谷・・変わったんだろうなぁぁ〜〜〜♪
ナマ箏聞いてきま〜す♪すっごいすっごい楽しみ。。

ライブといえば、昔友達の彼氏がバンド組んでてそれを見に行ったけど
すげー怒鳴ってて何を歌っているのか全然トドイテキマセンデシタ。。

でも今回は自分で聴きたいと思う音楽を感じてこれるんだって思うと
なんかドキドキする。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お薬♪

2010/06/03 11:57
画像


免疫介在性溶血性貧血になってしまってから、毎日飲んでいた数種類のお薬も
今はアトピカのみ、週に2回飲んでいます。。大きいのと小さいのと2個ね♪
カプセルの錠剤になっているので、噛まないでゴックンしなきゃダメなのね。。

病気が深刻だったころはグッタリしていたので
お口をグッと開けて奥のほうに薬を置いて・・・
口をグッと閉じて喉のあたりをさすってあげれば
上手にゴックンできたんだけど

今は元気になってきたので、ちと無理っす。。

ちゅうわけで、チーズでぐるぐる巻いて、ごまかしながらゴックンさせています^^

最初の1個目、薬なし。2個目、3個目で薬を入れて食べさせれば
あっという間にゴックンしちゃってまっす^^

良かった。。食いしん坊なビーグルで♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ワンのカッパを買いました♪

2010/06/03 11:48
ヤバイぜっ
画像

かわいすぎやしないかい?これ。。。
ハチさんでっせ?
ハチさん
マジでやばす。。。
まだ待機中ですが、これから梅雨時大活躍すること間違いなし

現在、うちのワンはやや太り気味。。毎日のお散歩、頑張り中です^^
少し疲れやすいので1度にたくさんの距離ではなく
数回に分けて行っています。。
でね・・
画像

DSの生活リズムってのにハマッてるんだなぁ〜♪
画像

画像

ワンの首輪に歩数計をつけておくと何時ごろに何歩歩いたのかが記録されるのよ。。
留守番しているときなんか何時ごろ起きたのかとかが分かって
とっても楽しいの

お散歩もなんとなくコレがあるから余計に楽しいわけね^^
散歩から帰ると必ずチェックしちゃうという暇人なのさっ^^


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


免疫介在性溶血性貧血について

2010/05/31 22:08
免疫介在性溶血性貧血という病気にかかったときの様子を
軽くまとめてみました。。

2010年1月30日。
おかしい。あきらかにワンの様子がおかしい。

朝、ご飯で呼んでも反応しない。ビーグルです。そうです。あのビーグルです。
食いしん坊で有名なあのビーグル。

まぁ、そのうち治るだろ〜と思って様子を見てしまった。

1月31日。
ん?まだご飯食べないの?う〜ん。どうしよう。。
この日の夜には歩くのもしんどそうになっていた。

2月1日。
朝、血尿。
朝一で病院へ行く。大好きなお外に行くのもしんどそう。
ってか、歩かない。。ってか、歩けない???
収納ボックスにワンを入れて徒歩1分の病院へと急ぐ。
血液検査で血を抜いたけど・・先生が一目で分かるほど色が薄い。
検査の結果「自己免疫性溶血性貧血」だと告げられる。
同時に輸血を探すために電話をかけまくってくれていた。
けど、凝固してしまう可能性があるのでうちの子は輸血不可能と診断される。
注射と投薬を受け・・・
「とにかく何でもいいから、この際ウインナーでもハムでも食べさせて!」
「食べる子は回復する確立が高い」
なんだかんだと言われたけど・・・え?なに??どうして?うちの子が???
わかんない。何もかも。。
入院するか?と聞かれたが・・申し訳ないがあたしの看病に勝るものはいないという思いで
拒否った。毎日通院することを条件に入院はしないことになった。
先生が24時間診察可能な病院の電話番号を書いたメモをくれた。
そしてもう1枚、先生の携帯番号を書いた紙も私にくれた。。
「夜中でも電話してきて。話ぐらいは聞けるから」
このとき、思った。今夜が山なんだ。。。って。

家に帰って・・長女が公立高校の前期選抜に落ちたと知った。
ぶっちゃけ、第一志望に落ちたからってどうでも良い。(爆)
元気に健康でいてくれればそれでいい。
落ち込む娘に説明した。
「命あるものはね・・健康で元気に過ごすことが1番。」
「衣食住と健康。それ以上のことはタナボタだと思ってそれなりに頑張りな」
と、あんま的を得ない励まし具合だが本人納得してるらしいんでまあよしとして。
だいたいからして・・今、それどころではないんじゃ。。(最低な親)

夜通し私も寝ているのかおきているのか分からない状態で
ワンの寝息を確認しまくった。この日夕方くらいからはもうおトイレに行くのも
フラフラで・・私が押さえてあげないと用が足せない状況。
そのまましてもいいようにしてあるにもかかわらず、どうしてもトイレでしたいみたいなので
私も介助する。夜中だろうがなんだろうがワンが起きれば私も起きる。
そう、一心同体を初めて経験したと言えるかも。

無事に朝を迎えた
2月2日。

血尿もまだある。
トイレの回数も薬の影響で増える。
朝、病院へ。血液検査の結果、昨日よりも最悪な状態。
「とにかく何か食べさせよう」ということでおいしいと評判の缶詰を
無理やり口の奥に流し込む。ほんの少し食べた。けど。
注射と投薬をして家に帰る。
元気もない。食欲もない。歩かないしシッポも振らない。
だけど、トイレだけはしっかり頑張っていく。
「いいんだよ・・もう、そのまましちゃってもいいんだってば。。」
それでもトイレにだけは立ち上がる。
だから私も介助する。夜中でもなんでもこの子がトイレでしたいなら
私も起きて介助する。
寝息を確認しながら

無事に朝を迎えた
2月3日
もはや寝たきり。。トイレにも行っていない。
朝、病院へ行く途中、収納ボックスの中で大量にオシッコをした。
それも申し訳なさそうな顔をして。。
「いいんだよ♪」「おりこうさんねっ♪」「上手上手」笑顔で誉めながら
私の目からは涙があふれた。。

待合室で呼ばれて先生に会うと毎朝必ず
「良かった!!!」って言ってくれる。
生きててくれて良かった。そういう意味。
私も毎朝思う。生きててくれてよかったって。。
でも、血液検査の数値もどんどん悪化してくる。
日に日に悪くなる。「日に日に悪くなる一方」そんな軽く言葉で言うけど
どんだけこの言葉が重いものだったのか。。
もう限界なのかも。。もうだめかも。
とにかくご飯を食べさせないといけない。。なんでもいいから。。
注射と投薬と缶詰を少しだけ口の奥に注入してもらって帰宅。

節分。毎年恒例の豆まきを子どもたちとやる。今年は鬼役もなしで
豆をみんなでまきまくる。。
「鬼は〜外〜」「福は〜うち〜」
「ばかーーーー!!!」「ぼけーーーーー!!」
「おんどりゃーーー!!!」
豆を魂込めながら投げる。冷蔵庫の下に入ろうがたんすの隙間に入ろうが
後の掃除のことなんぞどうでもいい。落ちた豆をワンが食べまくる心配もない。
むしろ食べてくれ。なんでもいいから。。。

一生懸命に思いを込めた手作りご飯をスプーンで口に運んでみた。。
「食べた!!!」え?え?え??食べる食べる!!!
子どもたちと私の愛が通じたか・・・それとも鬼は外に出たのか?
家族で号泣。
「ご飯を口にする」そんな当たり前のことが本当に本当に幸せに感じた。
普段、なんの世話もせず・・心配してんのかしていないのか分からない
仕事の鬼の夫が帰宅すると・・・・

なんと、今度は夫にシッポを振るではないですか。。
寝たきりでもうおトイレすら歩くことができず・・検査結果も悪くなる一方。
もうだめかも。。って、さっきこっそり静かに覚悟しながら号泣して・・
それこそいっそ一緒に死んでしまおうかって思ってたのに。←まじです
揺れることのなかったシッポが・・散歩すらろくに行かない夫に向かって
ゆっくり揺れている。。寝たきりのままに。。

「ハリー!ハリー!!」

娘3人と私がいくら呼びかけても揺れないシッポが
パパの「ハリー!」という呼びかけには確実に少し揺れるのをもう一度確認した。

高い治療費を稼いでくれているのが誰なのかしっかり分かっているのだろうか。
それともやっぱりパパが好きなのか。。
よくわかんないけど。
夫に振るシッポを見て、私はとても考えさせられた。なぜなら最近夫婦の危機だったからだ(爆)
正直、4月には長女が高校入学、二女は中学入学。このタイミングで離婚しちゃうか?
なんて、心のずっと奥でひそかに企んでいたからだ。
でも思った。そうだ。そうなんだ。。
衣食住が整っていて、健康な体があって・・・これ以上何を不満ばっかり思っているのだ?
そう、思った。子どもだってある程度普通に・・そして健康に育っている。

昔話も思い出した。私が小さい頃・・「行ってきます」と「ただいま」のあいさつとは無縁だった。
ご飯も1人で食べることが多かった。
両親は共に働きに出ていて・・兄がいたが兄はいわいるイジメられっこ。
小学生の頃は傷だらけで帰宅することもあり、顔に落書きをされて帰ることもあった。
私は活発なほうなので小学生の頃はおにいちゃんをいじめる奴に仕返しをしにいったこともある。
親なんか何もしてくれない。。

だから子どもにはどうしてもご飯を一緒に楽しむことと「おかえりなさい」を毎日必ずかかさず絶対に
言える母親になりたい!って思ってて・・。その時間があれば子どもの異変にも気づくし
悲しいときに励ますこともできる。それを実現させてくれている夫。
そう。。そうなんだ。ごめんね、ハリー。。ハリーの大好きなパパをもっと大事にするね。
そして次の日からパパへの愛妻弁当が5年ぶりに復活したのでありました。。




2月4日
相変わらず寝たきりだけど、朝ごはんも少し食べた。
病院に行く前にも少し食べさせたらほんの少し食べた。

血液検査の結果・・少しだけ回復している。。ほんの少しだけど回復の兆し。
「回復の兆し」そんな軽く言っちゃうけど回復の兆しがみえるってことは
ものすごくすごいことです。ただ、この病気は急変してしまうこともあるので
まだまだ安心はできないとのこと。。
注射と投薬と栄養価の高いご飯を少しだけ食べさせてもらって帰宅。

あれ?おかしいな。。歩けないぞ?ん?どうしてフラフラするのかな?
大好きなご飯も食べたくないし・・・あれ?あれれれ???

そんなふうに感じていたのかな。。ごめんね。もっと早く気づいていれば
ここまで悪くならなかったかも。本当にごめんね。

私の通う病院で私のかかっている先生とその先輩先生が知っている限り
この病気にかかった子はうちの子を入れて4頭。
うち2頭は一時回復したものの急変して亡くなって、1頭は毎月の検査と数日に一度の投薬で
日常生活を普通に過ごしているそうです。
そんな話を聞きました。大丈夫だよね。生きるほうに進もうね。一緒にね。

2月5日
血液検査の結果、薬が効果的に効いてくれているようで
徐々に回復してきているとのこと。ぎゃくに薬の副作用も出てきているけど
今は副作用の恐さよりも免疫介在性溶血性貧血を軽くしていくほうが先決。
もう少し今のまま投薬と注射をしながら様子を見ることになった。
ご飯も手作りご飯で少しずつ食べてくれるようになって・・・
相変わらず寝たきりだけど、体を拭いてあげるときなんか、少し動けるようになってきた。。
少しずつ回復しているんだって実感がわいてくる。。
大丈夫!絶対死なない!!死なせない。

2月6日
朝通院。
黄疸もほとんどなくなってきた。血尿もない。注射と投薬をしてもらう。
食欲もあるということで、「今日は血液検査はなしで
明日にしましょう」ということになった。
時間とお金が少し浮いて・・ちょっと気持ちに余裕がでたのか・・・
ふと気づいた事があった。
ん?この一週間、同じ先生にずっと診てもらっているけど・・・
あれ??先生・・・休みはいつ???
お会計を済ませて受付に貼ってある獣医師出勤表に目がとまった。
「先生・・・今日、休みやんけ」

先生が近くにいたので
「先生・・お休みだったんじゃ・・・な・・・・い・・の。。。」

先生いわく、
「いいんです♪私も心配だったんで^^」
だって。。

もう、最近回復してきたから泣いていなかったのに
ここで、はい!号泣です。。。。。

本当に本当にありがとうございますm(__)m
いままで使った「ありがとう」の中で心からつかった「ありがとう」を
言いました。先生、本当にありがとね。。

2月7日
今日は薬の飲ませ方を教わる。口を開いて奥のほうに薬をいれてすぐに口を閉じて
ゴックンさせる。ずっと見てたからこれは大丈夫そう。
検査の結果も回復に向かっているとのことで
注射と検査だけして帰宅。
寝たきりから少しだけ歩けるようになってきた^^
トイレの近くに寝床を用意してトイレには自力でいけるようになった。
足をあげるときにフラッとするので介助しながらね。

2月8日
今日は注射のみ♪
お薬は自分であげる。

2月9日
検査と注射。検査結果はまだまだ貧血バリバリなんだけど
どうにか少し歩けるようになって、病院へも徒歩1分だけどどうにか
歩いていけるようになった。先生も回復力にビックリしてくれて
今日は先生に向かって「ワン」とほえてみてた。。
本当、普通でいられることのありがたさをヒシヒシと感じる。
普通でいいのよ。。幸せなんて。。
この日から通院は一週間に一度になる。
先生、明日はお休みね^^彼氏とどっかでデートかなぁ〜?

その後・・・
病気だなんて嘘みたいに回復しています。
検査結果で見ると少しだけ貧血気味の症状ですが普段の生活をする分には
大丈夫。
アトピカというお薬を週に2回飲ませて、後は月に1回血液検査をしてます。
画像

画像


ちょっと普段と違うと神経質になりすぎてしまうこともありながら
どうにかこうにか、症状も安定しています。
今も、横でガーゴーガーゴー寝ています。
恐る恐るではあるんだけど当たり前にあるハリーとの時間を命ある限り・・・
ゆっくり過ごしていきたいと思います。。

少しでもたくさんの・・揺れるシッポを見るために。。。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

beagle*/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]